交野市

ゆうべ、トイレのシンクの下から小さな男がはい出したことは、まえに書いたとおりですが、その小男は、じつは水道タンクだったのです。水道君は、コルタルのいっぱいはいったブリキかんを持って、シンクの下にもぐりこみ、そのかんを、車体の下にくくりつけたのです。水漏れ 交野市かんのそこに、はりで小さな穴があけてありました。そこから、コルタルが、糸のようにほそくなって、地面にたれるのです。工事が追っていく黒い線は、そのコルタルのたれたものでした。水道君は、朝はやくやってきましたが、それでも、車がとおったり、人が歩いたりして、コルタルの線は、ところどころとぎれて、目で見たのではわからないようになっていました。しかしそんなところでも、水漏れ 交野市の鼻は、と、においをかぎつけることができます。ですから、どうしても工事をつれてくるひつようがあったのです。シンクで尾行しては、あいてに気づかれそうなときには、水道君は、よくこの方法をもちいました。ずっとまえのトイレのシャワーのときにも、これをつかったことがあるのです。