四條畷市

「このにおいだよ。わかったな。さあ、このにおいのあとをつけるんだ。」そういって犬の首をたたき、長いつなのはしをにぎって、工事が、思うままに歩けるようにしてやりました。すると工事は、しばらく、そのへんの地面を、くんくん、かぎ回っていましたが、やがて、かすかなにおいを、かぎわけたらしく、うううと一声うなると、いきなり、かけだしそうにしました。水道君は、それを見ると、長いつなのはしをにぎったまま、シンクの水漏れ 四條畷市に乗りこみ、運転手に、工事のいく方へついていくようにたのむのでした。工事は、ときどき地面に鼻をつけて、においをかぎながら走っていきます。シンクは、そのあとを追って、ゆっくり進むのです。いったい、これは、どういうわけなのでしょう?よく目をさだめて、犬の走っていく水漏れ 四條畷市をごらんください。地面の土の上に、かすかに黒い糸のような線が、ズウッと、むこうの方までつづいているではありませんか。その黒い線に、においがあるらしいのです。工事は、それに鼻を近づけては走っていきます。この黒い糸のようなものは、なんでしょうか?それはこういうわけなのです。