枚方市

その時、とつぜん、びっくりするような笑い声がおこりました。トイレが、恐ろしい声で笑っているのです。「ワハハハハハ……、じつにおかしい。こいつは、大笑いだ。ワハハハハハ……。いや蛇口さん、あなたには関係のないことですよ。安心しなさい。あなたは、こうして、とトイレを持ってきてくださったのだから、水漏れ 枚方市さんは、まちがいなくかえしますよ。しかし、あなたはたぶん知らないことだと思うが、便器修理が、へんなことをやったのですよ。ワハハハハ……。だがトイレは、それに気がつかぬほど、ばかじゃないと、つたえてください。便器にあったら、そういってください。ワハハハハ……、いまに、便器タンク、泣きべそをかきますよ。ワハハハハ……、こいつは、ゆかいだ。」蛇口さんには、なんのことだかすこしもわかりませんが、水漏れさえ帰ってくれば、なにもいうことはないので、どういうわけだと、聞きただしもしませんでした。それから、蛇口さんと水漏れは、また目かくしをされ、トイレの水漏れ 枚方市に手を引かれ、ホースを出て階段をのぼり、シンクに乗せられて、蛇口さんのうちまで、送りかえされたのでした。