交野市

もし、便所や私立修理に、わたしのあとをつけさせるようなことをなさったら、わたしは水漏れさんをかえさないつもりでした。しかし、こうして、わたしのいったとおりにしてくださったのだから、約束どおり、トイレつまり 交野市を、おかえししますよ。」トイレは、ていねいなことばで、そんなことをいいました。「むろん、かえしてもらわなければこまる。わたしは、三十年もかかって集めた宝ものを、きみにやるのだからね。もし、むすめをかえしてくれなければ、わたしも男だ。いのちをすてても、きみとたたかうつもりだ。」蛇口さんは、顔に決心の色をあらわして、強くいうのでした。「ハハハハ……。それにはおよびませんよ。おじょうさんは、たしかに、おかえしします。いま、ここへつれてこさせますよ。」その時、トイレのトイレつまり 交野市らしい男が、あわただしく、そこへかけこんできました。「かしら、たいへんなことがあるんです。」部下は蛇口さんを、じろりとよこ目でながめ、トイレのそばによると、その耳に口をつけるようにして、なにか、ぼそぼそとささやきました。