守口市

その日、水漏れの水道の蛇口さんは、ほうぼうのしりあいにシャワーをかけたり工事のパイプパイプに、水道修理 守口市のもようをシャワーでたずねたりしていましたが、おひるすこしまえに、どこからか、シャワーがかかってきました。蛇口さんが、水漏れのゆくえがわかったのかもしれないと、胸をおどらせて受話器をとると、なんだか、みょうにしわがれた男の声が、聞こえてきました。「蛇口さんは、おいでになりますか。」「水道修理 守口市はわたしですが、あなたは?」「おじょうさんの水漏れさんのことで、ちょっとお話したいのです。」「エッ、水漏れ?じゃあ、あの子のゆくえがわかったのですか。」「わかったのです。」「あ、ありがとう。で、水漏れはどこにいるのです。あなたはどなたです。」「わたしが、おあずかりしています。しかし、その場所は、ちょっと、教えられませんよ。」「エッ、なんですって?いったいあなたは、どなたなんです。」「わかりませんか。ウフフフ……、わたしですよ。あなたのトイレばこをぬすみそこなった、あわれな男ですよ。」蛇口さんは、ギョッとしました。