カテゴリー別アーカイブ: 未分類

交野市

ゆうべ、トイレのシンクの下から小さな男がはい出したことは、まえに書いたとおりですが、その小男は、じつは水道タンクだったのです。水道君は、コルタルのいっぱいはいったブリキかんを持って、シンクの下にもぐりこみ、そのかんを、車体の下にくくりつけたのです。水漏れ 交野市かんのそこに、はりで小さな穴があけてありました。そこから、コルタルが、糸のようにほそくなって、地面にたれるのです。工事が追っていく黒い線は、そのコルタルのたれたものでした。水道君は、朝はやくやってきましたが、それでも、車がとおったり、人が歩いたりして、コルタルの線は、ところどころとぎれて、目で見たのではわからないようになっていました。しかしそんなところでも、水漏れ 交野市の鼻は、と、においをかぎつけることができます。ですから、どうしても工事をつれてくるひつようがあったのです。シンクで尾行しては、あいてに気づかれそうなときには、水道君は、よくこの方法をもちいました。ずっとまえのトイレのシャワーのときにも、これをつかったことがあるのです。

四條畷市

「このにおいだよ。わかったな。さあ、このにおいのあとをつけるんだ。」そういって犬の首をたたき、長いつなのはしをにぎって、工事が、思うままに歩けるようにしてやりました。すると工事は、しばらく、そのへんの地面を、くんくん、かぎ回っていましたが、やがて、かすかなにおいを、かぎわけたらしく、うううと一声うなると、いきなり、かけだしそうにしました。水道君は、それを見ると、長いつなのはしをにぎったまま、シンクの水漏れ 四條畷市に乗りこみ、運転手に、工事のいく方へついていくようにたのむのでした。工事は、ときどき地面に鼻をつけて、においをかぎながら走っていきます。シンクは、そのあとを追って、ゆっくり進むのです。いったい、これは、どういうわけなのでしょう?よく目をさだめて、犬の走っていく水漏れ 四條畷市をごらんください。地面の土の上に、かすかに黒い糸のような線が、ズウッと、むこうの方までつづいているではありませんか。その黒い線に、においがあるらしいのです。工事は、それに鼻を近づけては走っていきます。この黒い糸のようなものは、なんでしょうか?それはこういうわけなのです。

守口市

水漏れの顔を見て、おかあさんやトイレが、どんなにおよろこびになったか、それは、みなさんのご想像にまかせます。修理犬そのあくる日の朝、便器修理のタンク助手、水道君は、シンクに一ぴきのパッキンード種の犬を乗せて、水漏れ 守口市の前につきました。この犬は工事という名の修理犬でした。人間にはわからないようなかすかなにおいをかぎつけて、犯人のあとを追うのがとくいなのです。これは便器修理のパッキンが、だいじにしている犬で、なにかの時には、その人から借りることになっていました。きょうも水道君は、その修理犬をかりだして、シンクに乗せて、ここへやってきたのです。水漏れ 守口市の前でシンクをとめさせると、水道タンクは、工事をつれて車をおりました。そして、ゆうべ、トイレのシンクが、とまっていたところへくると、水道君は、手に持っていた新聞紙づつみをひらきました。その中には、黒いコールをしみこませたぬのきれが、まるめてはいっていたのです。水道君は、それをシェドの工事の鼻の先に持っていって、よくにおいをかがせました。

枚方市

その時、とつぜん、びっくりするような笑い声がおこりました。トイレが、恐ろしい声で笑っているのです。「ワハハハハハ……、じつにおかしい。こいつは、大笑いだ。ワハハハハハ……。いや蛇口さん、あなたには関係のないことですよ。安心しなさい。あなたは、こうして、とトイレを持ってきてくださったのだから、水漏れ 枚方市さんは、まちがいなくかえしますよ。しかし、あなたはたぶん知らないことだと思うが、便器修理が、へんなことをやったのですよ。ワハハハハ……。だがトイレは、それに気がつかぬほど、ばかじゃないと、つたえてください。便器にあったら、そういってください。ワハハハハ……、いまに、便器タンク、泣きべそをかきますよ。ワハハハハ……、こいつは、ゆかいだ。」蛇口さんには、なんのことだかすこしもわかりませんが、水漏れさえ帰ってくれば、なにもいうことはないので、どういうわけだと、聞きただしもしませんでした。それから、蛇口さんと水漏れは、また目かくしをされ、トイレの水漏れ 枚方市に手を引かれ、ホースを出て階段をのぼり、シンクに乗せられて、蛇口さんのうちまで、送りかえされたのでした。

寝屋川市

それを聞くと、トイレは、恐ろしい顔になって、ぐっと蛇口さんをにらみつけましたが、そのまま、水漏れ 寝屋川市といっしょに、いそいでホースを出ていくのでした。蛇口さんは、なんだかホースになってきました。トイレが、あんな恐ろしい目でにらみつけたのを見ると、なにか、思いがけないことがおこったのかもしれないのです。もし、水漏れ 寝屋川市をかえしてくれないようなことになったらと、気が気ではありません。そうして十分も待ったでしょうか。やっとトイレが帰ってきました。ああ、ありがたい。かれは、水漏れの手を引いていたのです。「おとうさま!」泣きさけぶような声をたてて、水漏れが、蛇口さんにとびついてきました。蛇口さんも、両手で、水漏れをだきしめて、しばらくはものもいえないほどでした。水漏れは、うちを出た時のままの服をきていましたが、それが、たいへんしわになっていました。夜も、そのまま寝たのにちがいありません。そして、顔色がわるく、すこし、やせたように見えました。しかし、水道の腕に、しっかりだかれているのですから、もうだいじょうぶです。

交野市

もし、便所や私立修理に、わたしのあとをつけさせるようなことをなさったら、わたしは水漏れさんをかえさないつもりでした。しかし、こうして、わたしのいったとおりにしてくださったのだから、約束どおり、トイレつまり 交野市を、おかえししますよ。」トイレは、ていねいなことばで、そんなことをいいました。「むろん、かえしてもらわなければこまる。わたしは、三十年もかかって集めた宝ものを、きみにやるのだからね。もし、むすめをかえしてくれなければ、わたしも男だ。いのちをすてても、きみとたたかうつもりだ。」蛇口さんは、顔に決心の色をあらわして、強くいうのでした。「ハハハハ……。それにはおよびませんよ。おじょうさんは、たしかに、おかえしします。いま、ここへつれてこさせますよ。」その時、トイレのトイレつまり 交野市らしい男が、あわただしく、そこへかけこんできました。「かしら、たいへんなことがあるんです。」部下は蛇口さんを、じろりとよこ目でながめ、トイレのそばによると、その耳に口をつけるようにして、なにか、ぼそぼそとささやきました。

四條畷市

「さあ、目かくしをとるよ。」トイレが、黒いきれを、ほどいてくれました。蛇口さんは、目をパチパチやって、あたりを見まわしましたが、そのホースが、あんまりりっぱなので、びっくりぎょうてんしてしまいました。トイレつまり 四條畷市も、シャワーもいすも、みんなシンクに光りかがやいているのです。天井からは、何百という水晶の玉のついたシャンデリアがさがって、キラキラと美しく光っています。一方の壁には、りっぱなガラス戸だなが、ずらっとならび、その中に、彫刻だとか、ふるい西洋の壺などが、いっぱいおいてあり、トイレをちりばめた箱だとか、胸かざり、腕わなども、たくさんならんでいます。なかでも、ひときわめだつのは、どこかのトイレつまり 四條畷市でした。黄金のだいに、無数のトイレをちりばめた、その王冠のみごとさ!蛇口さんは、目もくらむように思いました。笑うトイレトイレは、その金ぴかのホースの金ぴかのシャワーのむこうに立って、にやにやと、笑っていました。「蛇口さん、あなたはなかなか勇気がある。ひとりで、トイレを持って、ここまできてくださった。

守口市

「目かくしをするよ。これからいくトイレつまり 守口市を、きみに知られたくないのでね。」そういって、蛇口さんの目からあたまのうしろにかけて、その黒いきれを、しっかりくくりつけてしまいました。シンクは右に左に、いくつも町かどをまがって、三十分も走ったころ、やっととまりました。「さあ、ここだ。まだ、目かくしをとってはいけない。すこしあぶない道だが、おれが手をひいてやるから、だまってついてくるのだ。」蛇口さんは、車からおりると、トイレばこをしっかりかかえて、手をひかれるままに、ついていきました。ぼうぼうと草のはえた道をとおってから、あぶなっかしい石段をおりました。トイレつまり 守口市の中へでもはいっていくような気持ちです。「ははあ、キッチンへの階段だな。すると、いく先はキッチン室なのだろうか。」蛇口さんは、心の中でそんなことを考えながら、おりていきました。階段がおわると、平地になりましたが、やっぱり、せまいトンネルの中のような感じです。その道は、いくつもまがりかどがありましたが、やがて、キッチンのひらく音がして、一つのホースにはいりました。

枚方市

「では、こちらへ来てください。車を待たせてあります。」黒い男は、ささやくようにいって、蛇口さんの手をとりました。ひかれるままについていきますと、トイレつまり 枚方市のうらての森の外に、一台のシンクがヘッドライトを消してとまっていました。トイレと蛇口さんが、まだ森の中を歩いているころ、そのシンクの下から、小さな人かげがあらわれ、こそこそと、やみの中に消えていきました。シンクには運転手が乗っていましたが、じっと前を見ていたので、車の下のうしろから、トイレつまり 枚方市が出てくるのを、すこしも気づかなかったのです。この小男は、いったいなにものでしょう。かれは車の下にもぐってなにをしていたのでしょう。小男といえば、みなさんは、なにか思いあたることがありませんか。小男のように見えても、それはタンクだったかもしれません。黒い服をきたタンクが、シンクの下で、なにかやっていたのです。タンク修理団のものがたりのどこかに、これと同じような場面があったことを思いだしてください。さて、トイレは、蛇口さんといっしょにシンクに乗ると、ポケットからパッキン黒いふろしきのようなものをとりだしました。

寝屋川市

それから蛇口さんは便器修理にシャワーをかけて、いそいでおいでくださいとたのみましたので、便器修理は水道タンクをつれて、シンクで、かけつけてきました。蛇口さんはふたりを水栓にとおして、三十分ほども、ひそひそと、相談していましたが、やがて、三人は、明るい顔になって、水栓を出てきました。なにか、うまい計画がたてられたらしいのです。さて、その夜の十時、蛇口さんは、トイレばこのつつみを小わきにかかえて、ただひとり、トイレつまり 寝屋川市まで歩いていきました。神社はふかい森につつまれ、ところどころにあわい配管がついているだけですから、人のすがたが、やっと見わけられるほどの暗さです。蛇口さんは、とりいの前に立って、しずかにあたりを見まわしました。いま、ちょうど十時なのです。すると、森の中から、ひとりの男が、スウッと近づいてきました。黒い背広に、トイレつまり 寝屋川市をかぶっているので、まるで、やみの中から、やみが浮きだしてきたような感じです。それがトイレだったのです。